高い壁を乗り越えよう|医学部を難なく合格するには

具体的な理由を述べる

履歴書

熱意を伝えるのが重要

小学校や中学校は受験なしで行くことができますが、高校や大学は、進学するときに受験が必要となります。受験は、一般入試と推薦入試がありますが、特に推薦入試では志望動機を考えることが必要となります。推薦入試では面接で志望動機を聞かれることが必ずあります。事前にしっかりと考えをまとめておくのが重要です。志望動機を考えるときは、なぜその学校と学部がよいのかを具体的に考えておくのがコツです。このとき、なせその学校なのかと、なぜその学部や科なのかは分けて考えておく方がよいでしょう。特にその学校でないと駄目な理由を考えておくのが重要です。たとえば、文学部に進学したい理由しか伝えないと、なぜその学校でないと駄目なのかがわからず説得力がなくなってしまいます。志望動機を考えるときは、なるべく自分の実体験に基づいた具体的な動機を考えておくのがポイントです。学校のパンフレットやホームページでわかるようなことだけだと、受け売り感が強くなり、面接官を納得させられません。なぜ自分がこの学校に入りたいのか、入ってから何をしたいのかを伝える必要があります。また、書き方や話し方にも工夫がいります。コツは結論から話すことです。理由から話すと聞き手や読み手は何が重要なのかわかりません。まず結論を話し、後から理由を説明するとよいでしょう。いつも話がだらだらと長くなってしまう人は、一文を短く区切るように意識するのもおすすめです。