高い壁を乗り越えよう|医学部を難なく合格するには

通信制に通う

千葉県内の通信制高校に通うのであれば、まずは情報を探しておきましょう。インターネットを利用するのが最適です。千葉県内の通信制高校は通いやすい場所にあることが多いので、比較的通学には苦労しないでしょう。

受験勉強のポイント

男女

試験対策をしっかりと

医学部は大学の学部の中でも特に難関と言われている分野であり、合格するには勉強量も必要になります。しっかり勉強することで、試験の対策にもなります。国立や公立の医学部を受験するのであれば、センター試験を受けることになりますので数学や英語などの分野を重点的に考えておきましょう。点数の配分も大きく、重要なポイントになるからです。医学部に合格するには、効率の良い勉強を行う必要もあるのです。数学などは試験でも大切な役割を果たす教科になるため、得意な人でなければ勉強時間を長く取っておくことが大切です。また個別指導を行っている塾や予備校などを利用することで、勉強時間の確保ができるため利用するのも良いでしょう。自分に足りない分野を補ってくれるため、個別指導などは苦手な分野をなくすためにも活用することができます。ですがそれ以上に医学部に合格するにはまず、基礎的な点をしっかり抑えておく必要があります。特に数学や理科系の分野は基礎を固めておくことによって、応用に進むことが簡単になります。基本的な教科が終わってから、国語や社会などの文系教科の勉強に移るようにしましょう。これらは暗記の要素も高いため、短期間であっても効果が出やすいからです。医学部に合格するには理数系が重要であることを知った上で、高校生の貴重な時間を利用することが大切です。勉強の時間は毎日作るようにして、休みの日や長期休暇などは勉強に当てられるように工夫をしておくことも大切です。

ライバルに差をつける

作文用紙

小論文はほかの科目と比べると後回しになりがちですが、その分だけきちんと対策をすればライバルに大きな差をつけられます。ちなみに、小論文は誰かに自分が書いた文章を添削してもらうのが効果的で、その意味で通信教育はおすすめです。

具体的な理由を述べる

履歴書

志望動機を書くときは学校に入学したい理由やその学部や科がいいのかをしっかり考えておくとよいでしょう。また、具体的な体験にもとづくものだとよりよいです。結論から話すように意識し、一文を短く区切るようにすると伝わりやすくなります。